ユビレジと連携している「Win-Board」の社内勉強会を開催しました!

-

先日、ユビレジが連携しているアプリサービス「Win-Board」(運営:株式会社イー・カムトゥルー)の方をお招きし、サービス内容についての社内勉強会を開催しました!

 

まずはじめに Win-Boardとは?

全店舗の業務管理から情報共有まで、様々な業務フローや情報データベース、本部・店舗の業務を1つのシステムでカバーします。飲食店の重要な指標である「売上」「人件費」「食材費」を、POSシステム等他社システムと連携して自動収集、計算し、FLコストを中心に様々な数値分析ができ、毎日の損益や予算達成進捗などスピーディに自動集計、サーバーの管理・データベースの管理・システムのメンテナンスまで、お店の経営状態をまるごと管理が出来るクラウド型のサービスです

URL: http://www.win-board.biz/

 

ユビレジと連携して何が出来るの?

「ユビレジ」の売上データが、自動的に「Win-Board」の売上管理機能に取り込まれます。Win-Boardで所有する勤怠管理や受発注などその他の業務管理データと統合することにより、日次売上の迅速な確定や、日々の損益管理などが可能になり、店舗経営の高速化を実現します。

「ユビレジ x Win-Board」連携紹介ページURL: http://go.ubiregi.com/press/functions

お店の利益を上げるためには上記のデータを元に分析していく必要があります。

連携サービスを利用すると、利益向上の為に必要なデータ簡単に取得することが出来るのです!

 

⬇️経営に必要なデータは下記ブログにも説明されているので、

連携サービスを利用する必要性をより一層分かって頂けると思います!

ブログ→「固定費、変動費って?利益を上げるためのコストコントロールのコツ

 

講師役にお越し頂いた、株式会社イー・カムトゥルーの山澤様。

 

上記にも記載がありますが、この連携サービスを使用することで、ユビレジで管理しているデータをもとに、より細かく経営に必要なデータを分析をすることができます。

例えば、何の商品がどの時間帯にどれくらい売れているかの分析(時間帯分析)だと入店時間、退店時間、オーダー時間などより細かく分析をかけることが可能です。

営業部やCS部、事業推進部など部署は関係なく参加しました。

 

「Win-Board」の機能の他にも、飲食店経営に必要な知識共有もして頂きました。

 

他にも、ダッシュボードのデザインや来年4月以降に出来るという機能について勉強しました。

参加されたみなさん、真剣に話を聞いていましたよ!

 

このような社内勉強会は希望すれば誰でも参加可能なので、

今後も勉強会を増やしていき、各自の業務に役立てていきたいですね!

山澤様、本日はありがとうございました!


  ユビレジでは「Win-Board」の他にも予約システムや会計ソフト、決済サービスとも連携しており、

その数は業界で比べても多いため、お客様にユビレジを選んで頂いている理由でもあります!

連携サービスについての詳細はこちら