ユビレジ2・バージョン1.2紹介

作成者 -

こんにちは。先日リリースしたユビレジ2のバージョン1.2の紹介です。 今回のバージョン1.2では、以下の機能が実装されました。

  • ユビレジエクステンションとの連携によるレシート印刷
  • カスタマーディスプレイ機能
  • ダッシュボードとカスタマーディスプレイに、自由に背景を設定
  • 会計にテーブル情報を記録

レシート印刷

ユビレジエクステンションを利用したレシート印刷が可能になりました。

*ユビレジとは違い、日報を印刷する機能は現在実装されていません。今後実装される予定です。

カスタマーディスプレイ機能

カスタマーディスプレイ機能は会計時に、合計金額・お預り・おつりの情報をお客様へ向けて表示させることができます。これは、デジタルフォトフレームなどのHDMI端子対応のディスプレイをiPadに接続することで、利用できます。

背景を設定する

背景として利用したい写真や広告イラストなどをあらかじめ、iPadの「写真」に保存しておき、アプリ「ユビレジ2」のダッシュボードにある設定→背景で変更することができます。

*ダッシュボードの全画面にぴったりの画像サイズは1024×768です。

カスタマーディスプレイの背景も同様に設定できます。カスタマーディスプレイの背景にぴったりの画像サイズはディスプレイの解像度によってが変わります。 ご使用になられるディスプレイの解像度に合った画像をご用意ください。

背景の設定を利用すると…

背景の設定を利用すると、見た目を引き立たせるだけではなく、さまざまな利点があります。

例えば、以下の図のように、ダッシュボードの背景を店舗の見取り図(座席配置図)にすることによって、会計の伝票を直接座席に関連付けて見れるようになります。これによって、会計がどの座席のものか分かりやすくなります。

他の例を挙げると、美容室などの利用シーンでは予約をうけた会計をあらかじめ作成しておいたり、今担当しているお客様の会計を振り分けられる枠を背景にすることで、会計が管理しやすくなります。

カスタマーディスプレイの背景は、会計時にお客様へお店の情報を提供する、発信源になります

このように、次回キャンペーン情報やイチオシのメニューを背景に置くことで、お客様に再度ご来店いただくきっかけをつくることができます。

テーブル情報を記録する

ユビレジ2にテーブル情報を記録する機能が実装されました。 ユビレジのテーブル機能は「一つの会計に一つのテーブル」を記録するのみでしたが、ユビレジ2では

  • 一つの会計に二つ以上のテーブルの設定
  • 二つ以上の会計に一つのテーブルの設定(複数の会計に同じテーブル番号を振る)

という設定ができるようになりました。 これによって、席が離れていても同じ会計にすることや、同じテーブルでも割り勘することができ、会計の管理がよりスムーズになります。

*あらかじめ、ユビレジのWebサイト上でテーブルを作成しておく必要があります。

1.新しい会計を作成し、画面右上の客情報から客層選択画面に移ります。

2.客層選択画面の人数の下にある“テーブルの指定なし”をタップします。

3.任意のテーブルを選択することで、会計にテーブル情報を記録することができます。